PAGE TOP ▲

群馬 小野子山(1,208m)・中ノ岳(1,188m)・十二ヶ岳(1,200m)

  

【期  日】11月10日(土)

【メンバー】L:H.Y SL:Y.I S.O I.K N.M H.A H.S Y.Y K.Y S.T M.I S.A T.Y N.U Y.U M.M K.A Y.K(18名)

【コースタイム】
新座駅 6:40発 == 駒寄PA == 渋川伊香保IC == 小野子山登山口(赤芝) 8:30~8:40 ⇒ 小野子山 10:00~10:10 ⇒ 中ノ岳 11:10 ⇒ 十二ヶ岳 11:55~12:25 ⇒ 十二ヶ岳登山口(林道小野子山線) 13:18 == 高山温泉ふれあいプラザ == 渋川伊香保IC == 新座駅 17:15

【コメント】
 昨日は、一日降ったり止んだりだったが、朝起きると雨は止んでいた。久しぶりのバス山行だ(^^♪登山口から歩き始めて15分くらいで、急登があったが、尾根に上がると葉の散った樹々の間から左右に展望が開ける。 天然記念物の「高山のゴヨウツツジ」(咲いたら見事だろなぁ!)を通り過ぎる頃から、冷たい風が出て来る。
 山頂は、展望は良かったが、風強く、写真を撮って、中ノ岳へ向かう。きつい登り下りの繰り返し、二つのピークを経て、山頂へ。最後の十二ヶ岳へは、男坂の岩場の急登後、山頂へ。山頂はポカポカ陽気で、ランチタイムを楽しむ。展望バッチリで、見下ろすと里の紅葉が素晴らしい 歩行時間3時間20分!に、大丈夫!!と思い参加したが、思いのほかのアップダウン、濡れた落ち葉の登山道に緊張した。
 下りはうす暗いヒノキの樹林帯の中、40分ほどで下山口の林道に着き、ホッとした。終わり良ければ総て良しかな・・・。気持ちに余裕がある時の仲間との語らい、この秋に初デビューしたかと思われる足元の紅葉や、名残りの紅葉の木、登山道脇にひっそりと、でも存在感のあったリンドウや小さなヤブムラサキの実。冷たい風が吹くかと思えば、暑くて一枚脱ぎたくなるような気温の変化。全てにありがとうの気持ちだった。
(記:N.M)

サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます
(写真:I.K、S.T S.A)