PAGE TOP ▲

山梨県 瑞牆山(2,230m)

  
【期 日】 2018年10月21日(日)

【メンバー】 CL: K.A. H.M.(会員外)

【往 路】 (10月20日)和光市駅前13:00-入間IC-八王子JCT-須玉IC-16:00瑞牆山荘(前泊)

【復 路】 瑞牆山荘15:00-(往路の逆)-21:30 和光市駅前


【コースタイム】(前泊)瑞牆山荘登山口7:00-8:00富士見平小屋8:15-11:00瑞牆山(昼食)11:35-13:40 富士見平小屋-14:20瑞牆山荘登山口

【コメント】
 久しぶりに週末は天気が良さそうなので、娘を誘って登山をすることになりました。紅葉が見ごろだという瑞牆山を周回コースで歩きたかったのですが、娘は高尾山程度しか登ったことがない超初心者のため、やむなく瑞牆山荘からのピストンにして、前日に山荘に泊まり早朝に出発する計画を立てました。

 次の日の朝、まだ暗いうちから駐車場には次々と車が到着し、ヘッドランプを付けた登山者が続々と登って行くのが見えました。朝食をササっと済ませ、身支度をして7:30にスタート!(この時間で既に駐車場は満車でした)最初はまだあまり紅葉していない樹林帯の中を緩やかに進みます。急登を上りきると尾根に出ましたが、前を歩いていた登山者から「わーっ!」という歓声が上がり、期待が高まります!そこには朝日に照らされた瑞牆山がドーン!とそびえているではありませんか!!感激の光景に早速写真をパチリ!そのあたりから木々の紅葉が美しく、見とれながら進んでいくと富士見平小屋に到着。小屋の近くには水場とテント場があり、かなりの数の色とりどりのテントがありました。

 小屋で小休止したあと、緩やかに下ると天鳥川出合です。そこを渡渉してさらに登って行くと、本当に桃太郎が出てきそうな、パックリと割れた大岩が現れました。桃太郎岩です。(←自然の力ってすごいですねぇ~~)岩の右側のハシゴを上り、どんどん登って行く途中に、台風によりひどく崩落した場所が出てきました。でも、迂回路が整備されているので大丈夫でした。(さすが、人気の百名山!)

 また、前を行く登山者から歓声が上がり、前方を見ると「大ヤスリ岩」がそびえています。それを右に巻いて進むと、岩に登っている人が見えました。ロッククライミングの人達でした。二人で「すごいね~」と言いながらそれを横目で見てどんどん進みますが、山頂が近づくにつれて登山道は岩だらけになり、それも岩が大きくなってきました。鎖場も登場、娘は鎖場初体験なので、すぐには進めずに時間がかかってしまいます。この日は好天気の日曜日で、登山道はたいへん混みあっていて、ところどころで渋滞が発生していましたが、なかなか一歩が踏み出せない娘に親切にアドバイスをくれる方も多く、励まされながら何とか山頂に立つことが出来ました。(登山者の皆さま、ありがとうございました m(__)m

 山頂は大変な混雑で、あまり広くない場所に人が溢れていました。登頂記念の写真を撮りましたが、山頂の標識が新しいものに変わっていて「前のほうがよかったかも・・・」と思ったのは私だけ?? 360度の大展望を楽しんだ後昼食をとり、混んでいるので早めに下山開始~。

 下山道も混みあっていて、なかなか思うように進めません (T_T) 私たちはまだ明るいうちに下山できるペースでしたが、信じられないことに、小さい子供連れの家族がかなり遅い時間にもかかわらず登って行くのです。「このままだと下山が5時過ぎて真っ暗になりますよ」と教えてあげると、「えーっ!そうなんですか?」と驚いて、「じゃあ途中まで行ったら引き返します」と言っていました。もちろんヘッドランプも持っていませんでした。こういう登山者が4~5組いて、あまりの無謀さにこちらも驚きました。

 瑞牆山は大岩やきれいな川やアスレチックのような登山道など魅力がたっぷりで、若い人や家族連れも多く、なるほど人気の山だと思いました。今回は娘と一緒に紅葉の山を楽しむことができて、とても充実した一日となりました。(K.A.記)

サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます
(写真:K.A. H.M.)