PAGE TOP ▲
   お祝い山行
尾瀬  アヤメ平(1,969m)~尾瀬沼~大清水

           ←アヤメ平で
  

【期  日】2018年10月4日(木)~5日(金) 前夜発

【メンバー】CL:T/K SL:S/N M/K T/M K/F I/K I/S R/K M/I S/F C/K S/T

【コースタイム】
10/3   練馬発22:30→川越発23:35→尾瀬戸倉着4:20
10/4   戸倉発4:40→鳩待峠着5:20
鳩待峠(朝食後出発)6:00→アヤメ平8:55~9:15→富士見峠小屋9:25→竜宮小屋(昼食)12:40~13:25→見晴十字路・原の小屋13:50着
10/5   小屋発7:00→沼尻9:20~30→南岸分岐10:30→尾瀬沼休憩所(昼食)11:00~45→三平峠→一ノ瀬休憩所 13:20→一ノ瀬休憩所発乗合タクシー13:30→大清水着13:45
高速バス・大清水発15:10→練馬区役所前到着
【コメント】
 喜寿を迎えるお三方の喜寿記念山行に同行しました。錦秋の尾瀬への山行です。
1日目  
 夜行バスで尾瀬戸倉へ。シャトルバスに乗り換え鳩待峠に早朝到着。休憩所裏手の急坂を登り薮の樹林を抜けるとそこは横田代、広々とした草紅葉の草地斜面。振り返れば至仏山や連なった山々が見えた。 アヤメ平を抜けると木道は下りになり右側の谷は紅葉の山の景観が素晴らしい。富士見田代の小沼は燧ケ岳を映すビューポイントらしいが、残念ながら雲がかかった山は水面に映らなかった。
 尾瀬ヶ原、竜宮十字路に向かって長沢新道を下る、この下りの木道は傾斜があり滑らないように注意しているつもりが2度も滑ってしまった。石ころの道、木道を繰り返しながらやがて右手から沢の水音が聞こえ、樹間から景色が見え真っ赤な実をつけたナナカマド、黄葉の木々がとても綺麗。竜宮丁字路までまっすぐ伸びたパノラマが広がってきた。
 竜宮小屋前で昼食、2時頃小屋に到着。風呂、夕食の前に喜寿の祝いの宴が開かれ、K氏のご尽力、Tさん、Kさんの楽しいイベントに盛り上がり楽しい一時になる。
2日目  
 小屋7:00出発、今にも雨が降りそうな天気の中、1時間程木道を歩き、山際まで水が来ている尾瀬沼を左手に見ながら、晴れていれば湖面の上に見えるであろう燧ケ岳が残念ながら真っ白で何も見えない道を沼尻へ向かい南岸コースを歩く。ぬかるみなど足場が悪い。霧雨が降ってくる。尾瀬沼休憩所でゆっくり昼食をとり三平峠へ、この道は小さな滝もあり渓流ありと足元も悪く結構歩きにくい。
 2日間連続10キロ以上歩いたので足が疲れた。喜寿を迎える皆さんの健脚に頭が下がる。長年山歩きをされて歩き方のコツなどあるのでしょうか、お教え願いたいものです。 やっと一ノ瀬休憩所に、シャトルバスの出発時間まで談笑しながらゆっくりとする。大清水から高速バスに乗り帰路に着く。                                     F・S 記
 

サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます   写真:S/T & I/K

10月4日(木)     鳩待峠~アヤメ平~原小屋

10月5日(金)   原小屋~尾瀬沼~大清水