PAGE TOP ▲

  群馬県 子持山(1,296m)

  

【期  日】2018年9月12日(水)

【メンバー】CL:Y.I.  H.Y. T.Y. Y.U. K.A

【コースタイム】
 新座駅前 6:00 - 所沢IC - 渋川伊香保IC - 7:40 子持神社五号橋駐車場・スタート 7:55 - 七号橋登山口 8:10 - 展望岩 9:25 - 9:45 獅子岩 10:05 - 柳木ヶ峰 10:55 - 11:15 子持山(昼食)12:00 - 柳木ヶ峰 12:20 - 大タルミ 12:50 - 14:00 五号橋駐車場
【コメント】
 当日朝までハッキリしないお天気だったので心配でしたが、群馬の子持山に行って来ました。(奥武蔵の小持山じゃないですよー) 予定では、子持山神社六号橋付近に駐車するはずでしたが、2016年の豪雨により道路が崩壊しているため、少し手前の五号橋に車を止めて出発。道路がひどく陥没したところや大岩で塞がれている場所もありましたが、そこを避けながらキツネが目印の七号橋登山口に到着。そこにトイレはありますが、使用はできませんでした。登山口からすぐに木道があり、苔がまんべんなく(?)生えているため、ツルツルして歩きにく~い!手すりにつかまりながら慎重に進みます。次に沢が出てきて、所々渡渉しながらどんどん登って行きます。

 分岐で獅子岩方面へ進み、かなりの急登の先に獅子岩がド~ン!と現れました。(←天然記念物) がっしりとした鎖のハシゴを登るのですが、輪つなぎなのでゆれて不安定(;^_^A  登りきると次は鎖が待っていてそこをトラバース。獅子岩の上からの眺めは360度の大パノラマで、天気も良くて最高!小ピークの先にこれから目指す子持山もクッキリと見えました。恐る恐る眼下を覗いてみると、塀のような岩がいくつか並んでいます。これが屏風岩で、途中で通り過ぎてきましたが岩の真下に行く道もあったようです。獅子岩を下りて子持山へ向かいますが、気持ちのいい稜線歩きの後、山頂直下はまたまた急登で2本のロープが出てきました。そのうちの1本がまるで運動会の綱引きのように太い!「これ、太すぎて持ちにくそうね~」と言いながら、ロープに頼らずに登ることができました。(でも、下山時には綱引きロープにお世話になりました m(__)m

 子持山の山頂は木々に囲まれていて地味で、更にガスがかかっていたため全く眺望なし(T_T) ちょっとガッカリでしたが、ここでお弁当を広げて楽しいランチ? 標高は低いのですが一等三角点がありました。

 下りは柳木ヶ峰から大タルミ方面へ進みましたが、たいへん急な下り坂でした。前日まで雨だったようでとても滑りやすく、ロープにつかまらないと歩けないところもありました。登山口近くまで下りてくると、大昔の火山活動でできたと思われる大きな穴がいくつか見られました。

 雨上がりの平日だったせいか、出合った登山客は一人だけで、ほぼ私達だけで山を独占(^^♪ この日歩いたコースは、岩稜や鎖場、稜線歩き、景観が良い場所(特に獅子岩)などがあり、変化に富んでいてたいへん楽しめた山行でした。往復の車の運転もして下さったリーダーのY.I.さん、ありがとうございました。(K.A.記)

サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます
(写真:K.A)