PAGE TOP ▲

  奥多摩 
 三頭山(1531m)
  -ヨコスズ尾根を登る-

   ドラム缶橋
  


【期  日】 2018年9月9日(日)

【メンバー】 CL Y.S   Y.Y M.M T.K M.S Y.T Y.U T.K (計8名)

【コースタイム】奥多摩駅8:21-バス8:35-小河内神社9:00-出発9:08- イヨ山10:47-ヌカザス山12:00(昼食)-出発12:30- 入小沢ノ峰12:54-鶴峠分岐13:24三頭山14:12- ムシカリ峠14:33-三頭大滝15:18-都民の森着15:56- バス16:45-武蔵五日市駅17:45

【コメント】
 当初5人で行く予定だったが、電車の中でばったり会った違う山に行く予定の3人を誘い、8人で出発した。ホリデー快速に乗って奥多摩駅に到着した。電車の中は登山客でいっぱいだった。丹波行きのバスに乗ったが、一台増便されていて、座ることができた。

 小河内神社バス停で下りると、「ドラム缶橋」が見えた。今日は標高差1000mを登るということで、ヌカザス尾根を登り始めた。9月に入ったのに、気温は高く、湿度も高く、大汗をかきながら、急な尾根をひたすら登った。途中に珍しいシモバシラの花を見つけた。花博士のYさんが一緒なので、気づくことができた。ヤマボウシのオレンジ色の実を見つけ、食べたが、とてもおいしかった。

 休憩をすると、涼しい秋の風が吹き渡ったが、登り始めると、また大汗をかくといった具合だった。何しろヌカザス尾根は、聞いていた通りの急な登りの連続だった。最初は数馬まで下りる予定だったが、時間も押していたので、三頭大滝を見て、都民の森に下りた。珍しいキブシの実や山椒の実やウバユリなどを見つけて、秋がすぐそこまで来ていることを体感した。

 都民の森でゆっくり休憩をして、反省会もして、バスで帰ってきた。

    Y/S記

サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます   写真  Y/S