PAGE TOP ▲

北八ヶ岳池巡りコース(1泊山行)
~~ 展望・原生林・苔・池の道を歩く の巻 ~~

【期 日】2018年8月18日(土)~ 8月19日(日)

【メンバー】

CL:TK,SL:NM,PL:TM,PL:MS,
SO,MK,IS,MI,ST,MI,ST,SK,SH,YU,NB<15名>

【コースタイム】

― 18日(土) ―
新座発6:15-北八ヶ岳ロープウエイ山麓駅着10:05―乗車10:30
-山頂駅着10:40―登山開始10:50―北横岳ヒュッテ11:47~12:30(七ツ池往復)―
北横岳南峰12:40~13:15(昼食)―北横岳北峰13:20~30―亀甲池15:08
双子池ヒュッテ着16:15(泊)

― 19日 (日)―
朝食6:00―出発7:16―迂回路に入る7:45―終了7:53-―カラ川橋8:15―
雨池9:25~50―分岐10:25―雨池峠11:12~25―ロープウエイ山頂駅11:45
(昼食)-乗車12:40発―山麓駅12:50―出発13:15石遊の湯に向う
―入浴後帰路に着く

【コメント&写真 】

【18 日】

北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅から、ロープウェイに乗ると、7分で2337Mの山頂駅へ運んでくれる。溶岩台地を周る散策路が整備された坪庭では多くの観光客が楽しんでいる。
散策路から離れ我々は北横岳への樹林帯の中の、岩だらけの歩きにくい登山道を慎重に登り、北横岳ヒュッテに着く。ザックをデポして七ツ池を往復する。
七ツ池は自然保護のために立ち入りが制限され今は2つの池だけが見ることができる。
ヒュッテに戻り急坂を登り北横岳南峰に到着する。ここは蓼科山、北アルプス、乗鞍岳、御嶽山、中央アルプス、南アルプスの大展望台である。展望を楽しみながら昼食をとり、北横岳北峰に進む。北峰からの下りは滑りやすく、急坂をピンクのテープを確認しながら慎重に下っていくと亀甲池に着く。これから先は歩きやすい苔のきれいな道になり開けた明るい感じの双子池に着く。雌池付近はキャンプ指定地になっていて幾つものテントが張られている。今夜はこの池のそばにある双子池ヒュッテに泊まる。

(記 S.O)    


北八ヶ岳ロープエウィ山麓駅


坪庭で準備体操


ロープウェイ山頂駅


出発です


眺望最高


北横岳ヒュッテに到着


七ツ池です


トンボが・・・・


北横岳山頂で記念撮影


南八ヶ岳がきれい!


北アルプスもくっきり


地図見て山を同定


亀甲池へ向け下山


亀甲池 湖面がきれい


双子池に向かう


苔と岩の道


双子池(雌池)


双子池ヒュッテ・寝床の準備


夕食までのくつろぎタイム


美味しい天婦羅と豚汁

【19 日】

6時に朝食をすませ、雄池を散策し予定より少し早く7時16分出発する。
ヒュッテの裏の林道を進み途中迂回路に入り、再び林道に出て、カラ川橋の橋を渡ったところから樹林帯に入り雨池に到着。ゆっくり休憩の後今日最後の登りで雨池峠に着く。またゆっくり休憩をして、縞枯山荘のコーヒーを楽しみに立ち寄ると、本日満員御礼とのことで、コーヒーにはありつけず、山頂駅まで行っての昼食となった。
12:40のロープウェイに乗り山麓駅に下山する。その後日帰り温泉「石遊の湯」に立ち寄り帰途についた。
針葉樹林と苔そしてその中に静かにたたずむ池の景色を心行くまで満喫した山行でした。

(記 S.O)    


双子池ヒュッテの朝


ヒュッテ前


ヒュッテの前で記念写真


双子池 雄池の前で


林道わきの水場


雨池へ


雨池に着きました


雨池で記念撮影


雨池から、紅葉してます


雨池峠への登り口


峠への急登


岩ゴロゴロの登り


雨池峠に着き休憩


縞枯山荘は満席


山頂駅へ向かう木道


坪庭に戻りました


名残のハクサンフウロ


ロープウェイの交差


山麓駅の軒下に


石遊の湯

(写真:M.I・S.T)