PAGE TOP ▲

      乗鞍岳(3,026m)・ 霧ヶ峰(1,925m)

  

【期  日】2018年7月25日(水曜日)~26日(木曜日)

【メンバー】CL:I/K  SL:T/K  K/F  I/S

【コースタイム】
7/25(水)
志木駅発5:15→所沢IC===松本IC→乗鞍観光センター着10:25
乗鞍観光センター発《シャトルバス》11:05→畳平11:50(乗鞍白雲荘で宿泊手続き/昼食後出発)畳平発12:45→肩ノ小屋13:35→剣ヶ峰14:45~15:00→肩ノ小屋15:55→畳平16:35
7/26(木)
起床4:00/乗鞍白雲荘発4:25(日の出4:52)→富士見岳5:15~30→5:55白雲荘に戻る。
(朝食6:00)小屋チェックアウト7:00→お花畑を30分ほど散策
畳平出発《シャトルバス》8:05→乗鞍観光センター8:50着
観光センター発9:20→ 松本IC===諏訪IC→車山肩到着12:15(昼食)
車山肩発12:50→車山山頂 13:43~14:00→車山コロボックルヒュッテ到着14:48
車山肩出発15:20→佐久IC===所沢IC→志木駅着18:45

【コメント】
 35度以上の猛暑日が続く日本、2日前の23日は、熊谷で国内観測史上最高記録の41.1度だったと言う。何といっても暑い、寝苦しい。こんな暑さから早く脱出したい・・・。たった2日間の山行だが、この日が早く来ないかと、とても楽しみだった。
 
  志木駅を5:15出発。乗鞍観光センターに予定通り到着。平日の為か駐車場はガラ空き。予定時刻のバスに乗れ、良かった。車内はとても静か。遠くの山を眺め見ると夏の白い雲と青空が・・・。時折触れる冷気がとても心地よい。 乗鞍岳は何年振りだろうか、あの日は日帰りだった。今日は畳平山頂の小屋に泊まり、夏の花と、星と、ご来光をのんびり鑑賞するのが目的だ。こんな山行もいい♪
  白雲荘で宿泊手続きと昼食を摂ってからのんびり歩き出した。コマクサがいっぱい咲いていた。花を愛でながら、展望を楽しみながら、雪渓を眺めたり会話を楽しみながら山頂へ向かった。本宮の神主さんも社を閉じる時間だった。山頂より眼下に見る池が神秘に感じた。
  白雲荘は山小屋とは思えないほど良かった。夕食後風呂に入り、消灯前には星を楽しんだ。天体望遠鏡で木星と月、オレンジ色した火星や北斗七星など、小屋のご主人が色々教えてくれた。コマクサも年々増えているらしい。満月が山に沈み、闇夜になった2時半過ぎの星空が最高だと言う。そして日が昇り、山が見え出し、街が見え・・・、そんな乗鞍が一番良いと言う。乗鞍岳は誰もが楽しめる最高な山と改めて思った。また来よう。この乗鞍岳へ・・・。
  翌朝4時起床、ご来光を楽しんだ。富士見岳からは乗鞍岳全貌と北アルプス、白山がとても素敵だった。朝食後、畳平のお花畑を鑑賞してから霧ヶ峰へと急ぐ。

 霧ヶ峰も久しぶりに来たがとても良かった。草原の緑輝く霧ヶ峰ほど壮大な美しい山はないと思う。ニッコウキスゲは既に咲き終わっていたがマツムシソウなど他の花がたくさん咲いていた。緑と夏の青空、そして目の前の雄大な八ヶ岳と北アルプス・・・。いつ来ても惚れ惚れする。 
 車山を周回したあと車山コロボックルヒュッテでコーヒーを飲んだ。何とお洒落なんだろう。今回は乗鞍岳と霧ヶ峰に登り、花と食事、星とご来光を楽しむ、楽しい山行でした。長距離運転をしてくれたFさん、ありがとうございます♪山仲間に感謝・感謝です。(IK記)

  サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます  (写真:I・K & T・K)
 【乗鞍岳】

コマクサがたくさん咲いていました
 【霧ヶ峰】