PAGE TOP ▲

     奥秩父 金峰山(2,592M)

  

【期  日】2018年6月22日(金)~23日(土)

【メンバー】L/NM  MI  SeT

【コースタイム】
(往路)新座駅 6:20~ 所沢IC ~ 佐久IC ~(中部横断道路)~ 八千穂高原IC ~ 廻り目平 10:00
(復路)廻り目平 9:00 ~ 八千穂高原IC ~ 佐久南IC ~ 下仁田IC ~ 所沢IC ~ 新座駅 14:40

1日目 廻り目平・金峰山荘 10:00~30 ⇒ 砂防提 11:40~50 ⇒昼食 12:10~40 ⇒ 中間地点 13:10~20 ⇒ 金峰山小屋14:45~15:00 ⇒ 山頂15:30、五丈石16:00 ⇒ 小屋 16:25
2日目 小屋 6:00 ⇒ 砂防提 7:30 ⇒ 廻り目平 8:40~9:00

【コメント】
 十数年前の秋に、大弛峠から山頂を目指したが、天候、体調とも悪く、途中で引き返した心残りの山だった。再挑戦は、廻り目平からと計画し、車を出してもらい実現した。梅雨空が続き、気持ちは引いていたが、Iさんの「行けると思うよ!」の一言で、気持ちを切り替えた。
  一日目は、梅雨の晴れ間で登山日和になった。到着した廻り目平では、アブの歓迎を受け、早々に出発する。小屋で話したらちょうど出始める頃だとのこと。西股沢の勢いのある透き通った水流に清々しい思いで、東側は、カラマツとコメツガ?シラビソ?のゆるやかな道を砂防提まで歩く。ここからが、本格的な登りだが、登山道はよく整備されていて、道間違えしないよう緑のロープも張られていた。
 小屋近くになり、やっと道は平らになり、また、少し登って小屋に着いた。ザックを置き、山頂を目指す。両側は、葉にきれいなギザギザの入ったミヤマハンノキ、岩陰には、オオイワカガミが咲いていた。山頂からの展望は素晴らしく ! ! ! 目の前には、八ケ岳の峰々、南の方から頭を隠した富士山、甲斐駒、仙丈ヶ岳、遠くに御嶽山、雪を被った乗鞍岳、白馬三山、北には浅間山まで一望できた。夕食後(ワイン付き)の日没(7:16)の後の夕焼けがまた素晴らしく、朱や茜色の空の変化に感激し、来られてよかったなぁと思った。
  二日目は、太陽が顔を出す前後の水色のグラデーションのような空の変化に、またまた感動し、6時に出発する。天候が下り坂だったので、予定していた尾根岩パノラマコースの一周は諦め、「荒船の湯」で汗を流し、新しく出来た「ヘルシ-テラス佐久南」でとれたて新鮮野菜を買い、帰路に着いた。
 (記:NM)

 サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます   (写真:SeT)