PAGE TOP ▲

     房総 鋸山(329.5m)  車力道~日本寺

  

【期  日】   2018年5月20日(日曜日)

【メンバー】  I/K

【コースタイム】浜金谷駅到着9:40
浜金谷駅出発9:45→(車力道コース)→車力道上り口11:00→鋸山山頂11:25→展望台11:55~12:30→石切場跡12:50→地獄覗き13:40→大仏様14:25→鋸山ロープウエイ山麓駅15:00→浜金谷駅 15:35

【コメント】
 のんびりと房総の山「鋸山」に行ってきた。
 昨年1月の会山行で行った時、「いつかまたここに来よう!日本寺方面に行ってみたい、行きたい!」と強く印象に残った鋸山のことを思い出した。だが以外と遠い。朝霞から浜金谷まで3時間は掛かる。だが、この長い電車の旅も、一人でも、ちっとも淋しくは思わなかった。それより今は躰の状態が悪いので皆と足並み揃えて歩くこともできないし、亀足に付き合ってもらうのも悪い・・・。ここなら一人でも歩けるし何といっても海がある、癒せそうな気もする。そうだ、鋸山だ!そこに行こうと決め、天気の良い日を待って出かけた。

 海が実にきれいだった。真っ青だった。東京湾と富士山が望め、期待以上!昨年行った石垣島を思い出すほどだった。伊豆天城連峰も三浦半島も、はっきり見えた。石切り場舞台跡では当時働く人たちの息づかいが聞こえてくるようだった。遺跡のような石壁は芸術の世界、ここはラピュタの壁とも言われているらしい。

 念願だった日本寺に入った。拝観料600円。今日は天気が良いこともあり、観光客や登山客が大勢いた。「地獄覗き」は人で溢れていたので止めた。「地獄覗き」は房総半島を一望できる絶景ポイントらしいがそれよりもっとこの日本寺の境内を歩いてみたく前に進んだ。その奥深くにはまだまだ信じられないような光景が待っていた。岩陰に置かれた沢山の羅漢様やお地蔵様、観音様、洞窟など・・・、びっくりするほどの光景でした。百尺観音も、日本一の石の大仏様も、実に大きく見えた。

 久しぶりによく歩いた。体調はいい。まだまだここに居たかったが帰る時間も考え、下山した。
期待以上の鋸山の景観と日本寺と山頂から見た海の色は、「ここに来て良かった、明日からまた頑張ろう」と、勇気をもらったように感じた。
 記:I/K

  サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます(写真:I/K)